田中律子、娘が離婚を勧める。


SPONSORED LINK

娘の口から”無理しなくていいよ”と離婚勧める。

聞いてびっくり。。。田中律子さんが13年もの間、仮面生活を送っていたって。

出産して夫婦仲が冷え切るってあるんだね。

子供が生まれたら、夫婦仲が上手くいくようになったとか、旦那の性格がいい方に変わったとかよく聞くが全く違かったのだろう。

しかも子供は女の子。父親であれば溺愛しそうなものだけど、違ったのかな?
田中律子 離婚 娘

それとも、娘を溺愛する旦那に田中律子の嫉妬だったのか…

出産を機に会話もなくなったことで離婚の2文字が頭によぎったらしいが、子供のことを考え、離婚しなかったという。

でも、その子供がいるからと踏み切らなかった離婚で、子供が大きくなり『無理しなくていいよ』なんていうこと自体おかしく思える。

子供が物心ついてからの田中律子の言動や、今回離婚した元旦那さんの言動が見るに堪えないものだったと言えるのではないだろうか。
田中律子 離婚 娘

子供の口から『離婚していいよ』なんて言える子は極めて少ないと思う。

自分から父親・母親がいなくなるということが、高学年とは言え、小学生の子供に言える内容ではない。

それほど田中律子が苦しんでいたのかわからないが、仮面夫婦を行う上で、子供への配慮が1番だと私は思う。

今回、田中律子が娘の一言で離婚を踏み切ったとあるが、この記事を見て一見、娘さんすごいな〜と思った人も少なくないだろう。

ただ、小学生の立場で親をフォローし離婚を進める心境は計り知れない。

大人(親)として子供に心配される、辛い状況を見せるのはどうなのだろうと考えてしまいました。

人それぞれ意見はありますが、私も親の不仲な状況を見ていい気分ではなかった記憶からの考えです。

悪しからず。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です