的場浩司暴露!萩本欽一の運話し。【宝くじがあたる】


SPONSORED LINK

萩本欽一大好き的場浩司が暴露!

萩本欽一の【運】のお話。

お昼の番組『ライオンのごきげんよう』にゲストで的場浩司、萩本欽一、中村玉緒が登場。

今日からのゲストが的場浩司だった。

終始萩本欽一のペースで進んだごきげんようだったが、的場浩司がお決まりのサイコロを振ると出たのが運の話しで、同じゲストの萩本欽一の話しを出した。

宝くじが当たる方法教えますよ。

萩本欽一さんが的場浩司に話した話しだと言う。

内容は宝くじが当たった話しだ。
ある日、萩本欽一が的場に『来れ見て』と新聞と宝くじを渡し当選番号を確認させた。『1等あたってるじゃないですか!』と言うと『よく見て』と萩本欽一。

良く見ると1等の組違いの番号だったという・・・

しかし10万前後の当選をした!

その宝くじを当てる方法が語られた。

的場の話しでは内容が足りなかったのか、途中から萩本欽一が話し始めた。

最近、運を使っていない人に宝くじを買ってもらうという内容だった。

ただ、運を使っていない人に買ってもらうのではなく、ついてない日に目についた数字の宝くじを買うんだ。

最近ついてないって内容は何でも良いようだ。

『ここ最近どうだった?』『お腹いたかった』『その日は何日?』で出てきた日付の数字の宝くじを買うというはなしだった。

その日の日付でなくても、ついてない時に見た数字でもいいらしい。

だからついていない人を探そう!ついてないとき数字を探そう!

的場曰く、結構な確立で当たっているらしい。

萩本欽一からの名言。

うっぷんを1つはらしたら、1つ運を逃す。

ついていないと思ったら、うっぷんをはらさないで宝くじに当てる方がいいかもしてない。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です