EXILE MATSU 元旦に入籍 難病ベーチェット病の体を支えてくれる大切な人


SPONSORED LINK

エグザイル MATSU

持病のベーチェット病で体調が悪い時も支えてくれる人

EXILEの中でも特に優しく男前で知られるMATSUがついに元旦に入籍した。
難病であるベーチェット病を持病に持ちながらも、第一線で活動し続ける事を決断したMATSU。その決断の裏には、人知れずつらい事もあったと思う。目や口、皮膚等に潰瘍とか膿みが出る免疫疾患で、MATSUはすでに左目の視力を殆ど失っている。もちろん、活動中も体調が優れない時は少なくないはず。そんなMATSUを陰で支え続けてきた女性が、今回の入籍のお相手。

ドッキリ番組でも、スタイルは崩さず本物である事を証明した優しく男前の性格

人気番組『モニタリング』では、”本当にMATSUは男前なのか?”を見極める為に隠しカメラを仕掛けモニタリングを敢行。メンバーがオネェ系の友人を紹介し、MATSUに執拗に迫ったらどうなるか等をモニタリングしたが、結果は最後まで真摯な対応は崩さず。正真正銘の『男前』であることを証明してみせた。

HIROの勇退後も体調が許す限りEXILEを牽引してほしい

心・技・体そろった、MATSUだからこそ、ベーチェット病という難病を抱えていても、活動を続けて行けるのだと思う。無理はしてほしくないが、体調が許す限りその勇姿をEXILEや後進に体現して伝承して行ってほしいと心から思います。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です