ホリエモン炎上 電車・新幹線の乗車のマナー 子供が泣いちゃう件と年末年始の公共交通機関の長距離移動について


SPONSORED LINK

新幹線 マナー 泣く

電車や新幹線で子供が泣くのは、有り?無し?

ホリエモンを始め、年末年始の帰省ラッシュの際は、多かれ少なかれ話題に上がる問題。
今回のツイッター炎上の原因も、『新幹線で子供が泣いていてうるさいから、”うるせーなぁ”って口に出し、あんまりうるさいなら睡眠薬を飲ませりゃいい』と言ったことが有りか?無しか?と言うもの。個人的にはどちらが正解かなんては言えないと思う(さすがに睡眠薬は無いと思うが)が、今回のやり取りの中で、双方の言い分に一理あるところがあると思う。

子供は泣くもの。それは当然の事

自分も、現在1歳の子供がいるので、公共交通機関にのる時は最新の注意を払う。うちの子供は産まれた時から、その病院内でぶっちぎりトップの鳴き声の大きさだった。産まれてきて嬉しい喜びと同時に、この鳴き声とどう付き合って行くべきかの不安と両方が存在した。なので今でも、寝付きがかなり悪い方なので、スピーカーからガヤ(街の雑踏)の音を薄く掛けて安心させて寝せたりしている。最近でこそ、リビングなんかでも疲れたら寝る様になったけどここにたどり着くまではかなり大変だった。とにかく親が離れたり、静寂に敏感に反応する子供です。

泣いている赤ちゃんを泣き止ます努力をするのは親の責任

そうは言っても、無く子供に対して、安心感を与えて泣き止ます努力をするのも親の責任だと思う。たまに電車でベビーカーでないている赤ちゃんをそのまま気にしないで放置している親を見かける事が有るのも事実。子供は泣くのが当然だが、周りへの配慮として、『泣き止ます姿勢』が大切だと思う。努力をしている姿を見るだけで、周囲の人もしょうがないなと言う気持ちになれるもの。もしかしたら、イライラは泣いてうるさくしてしまっている子供よりも、その子供に対応しない場合の親にイライラするのかもしれない。

新幹線や電車では最新お注意を払う努力が必要

泣き虫のうちのこは、静寂や動かない事に不安を感じるため、当たり前の様に椅子に座る事は出来ない。良くだっこしていると、席を譲られるが、『ありがとうございます、でも座ると泣いちゃうので大丈夫です。』とお断りしている。また電車等公共の交通機関にのる時は、のる前におむつを交換したり、若干疲れさせたりして、のる前にいわゆるのる為のマナー(勝手に自分で思っているだけです)を完了させてから乗車する様にしている。

新幹線などの長距離となると問題は別

さすがに新幹線や飛行機などの長距離移動(特に年末年始)となると、親の努力だけでは、何ともならない時も有ると思う。
そんな恐れが有るの上に幸い夫婦の実家が近場なため、自分はまだ新幹線や飛行機には乗せていない。とはいえ、実家に帰省するとなると、避けては通れない道。そんな公共の交通機関で長距離移動中に泣き止まない場合に親が出来ることっと言えば、席から踊り場に出て泣き止ます努力をする事だろうか?そんなときに空いた席を他人が取ってしまうのではなく、泣きやませて戻ってきたときに暖かく迎えてあげる事かと思う。今回炎上の原因となったホリエモンのブログに記載されている現場にいた訳ではないので、状況が解らず判断する事は出来ないが。どちらが悪いと言う訳ではなく、お互い歩み寄る姿勢を見せ合う事で均衡を保つしか無いのかもしれない。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です