やしきたかじん死去 病気は食道がん 離婚や関東嫌いなど数々の伝説を残す


SPONSORED LINK

やしきたかじん

歌手・タレントのやしきたかじん 食道がんで死去

関西地方では絶大な人気を誇るやしきたかじんが1月7日に死去した。原因はもともと戦っていた食道がんだったようである。数年前に食道がんの病気である事を公表してから、第一線を退き休養していましたが、その後復帰。しかし再度病気が原因で体調不良となり療養中のなかでの今回の訃報でした。一度は復帰されて元気な姿を見ていただけにまた当たり前の様に復活してくれるものと軽く思っていました。残念でなりません。

離婚・関東嫌い・視聴率男 やしきたかじんだから魅了された

振り返れば、数々の伝説を残した人だとつくづく思います。”浪速の視聴率男”と言われるくらい、出演する番組は人気番組になり、しかしその裏側では、東京でのレギュラー番組時代に東京のやり方が気に入らず、関東嫌いを公言し、関西の冠番組も関東には絶対流さないと頑な態度を誇示していた。結婚・離婚歴も奔放で3度の結婚(つまり当たり前だが2度の離婚)。それも年の差婚ばかりで、世間を騒がせていました。一人目の方との離婚エピドードは有名で『風呂屋に言ったまま帰ってけ〜へん』なんてネタにしていました。すべてにおいて破天荒でしたが、それゆえ多くの人が魅了されたのだと思います。

やしきたかじんの死去を伝えるワイドショーも涙があふれる

昼の情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』でも、皆さんが号泣しておられ、特に関西から関東へ進出された宮根さんの泣き方はひとしおだった。数あるワイドショーでの訃報を見てきたが、ここまで悲しみにあふれたワイドショーは初めて見た気がする。心からご冥福をお祈りいたします。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です