気圧が低いとリウマチが痛くなる?痛みと気圧の関係


SPONSORED LINK

リウマチ 気圧に関係

気圧が低いとリウマチが痛む。気圧とリウマチには相関関係があった。

良くリウマチだけじゃなくムチウチも天気が悪かったり、季節の変わり目には症状が痛くなったり苦しくなるという話がある。実は自分も、2度の追突事故をくらい結構なムチウチを抱えているのだ。感覚的かもしれないが、季節の変わり目と言うよりは雨が降ったりじとじとしていると痛みが増しやすい。
よくよく考えればこれって、低気圧のときかもしれない。
この度、京都大のチームが、気圧とリウマチの痛みとの関係について研究結果を発表した。
それによると、やはり気圧の低下にともない、リウマチの痛みが増すのは事実である事が解った。
気圧が下がると間接等で痛みの箇所が増え、むくみもひどくなるようだ。
自分もムチウチが解くなるのは感覚的かもしれないと思っていたが、少し気が楽になった。

リウマチやムチウチなどの感覚的な痛み周囲に理解してもらいづらい

長年ムチウチで苦しんで入るが、このように低気圧等の影響で痛みや苦しみが増したときでも、なかなか周囲には理解してもらいづらいのも事実。
周囲からは何となく痛みが増している、苦しそうに見えるが嘘か本当か解らないもの。
自分も長年理解されないこの痛みに、その痛みじゃなく周囲との理解の壁の痛みに苦しんだ。
そんな中でのこの京都大のチームの『リウマチと地気圧おける、痛みの相関関係』の発表は、非常にありがたい。
大学の後押しがあれば、もう少し、リウマチやムチウチなどの感覚的な痛みを抱える人への見方も変わってくれる事を期待したい。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です