スマスマで紹介 お風呂がパソコンになる!?アクアトップディスプレイ


SPONSORED LINK

アクアトップディスプレイ お風呂 パソコン

スマスマで驚きのパソコンが紹介 お風呂がパソコンになる!?

人気番組『スマスマ』(SMAPxSMAP)で紹介された驚きの技術。なんとお風呂や水面がパソコン代わりになる技術が紹介された。
その名も『アクアトップディスプレイ』
「アクアトップディスプレイ」 は、電気通信大学 の研究室が開発した水面をなんとタッチディスプレイにしてしまうシステムです。

お風呂や水面での動きを探知してスマホやパソコンのような操作が出来る

このスマスマで紹介されていたアクアトップディスプレイのシステムの構成は、プロジェクターとKinect(Xboxでも採用されている、動きを探知するシステム)と水槽で構成されており、白い入浴剤を水槽に入れて水面を白くするようです。そのあとKinectで水面から約1.4cm以上突き出た指を検出しており、上からのタッチに加え下からのタッチを個別に認識することができるとのことです。

動きを探知する機能としては液体特有のジェスチャーを探知します。下から1本指で移っているものを突き刺すと、それをを自由に移動することができたりしちゃう。こんどは2本指で突き刺すと、拡大・縮小・回転ができて、さらに5本指で突き刺してそのまま水中に引きずり込むと、消去や一時保留といった機能をつけることまで出来ちゃうみたいです。この3Dプリンター
みたいに、こんどはお風呂がパソコンになるっておそろしく技術は進歩してるんですね。スマスマのメンバーもかなり驚いていました。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です