まゆゆの勝利の裏には中国票がなんと3万5000票も!?


SPONSORED LINK

悲願の1位のまゆゆ、指原莉乃は2位で連覇ならず

最後の最後まで、見ている人をドキドキさせた第6回AKB選抜総選挙。前回王者の指原莉乃は惜しくも連覇ならず、今回の1位はまゆゆこと渡辺麻友さん。前々回からずっと1位を狙う宣言をしてきた渡辺麻友さんですが、今回ようやく悲願の1位となりました。しかも投票数は約16万票!途方も無い数ですね。

しかしこの逆転1位のまゆゆですが、実はこの16万票の裏には中国票が、3万5000票も動いていたという話です。

AKB選抜総選挙でも昨年から話題の『中華砲』

この中国票は去年あたりから話題になり、俗に『中華砲』なんて呼ばれたりしていました。

なんか、これだけまとまった票数となるとナイスネーミングとしか言いようが無いですね(笑)

テレビ番組で指原莉乃さん自身がこの『中華砲』の存在を暴露されていたのでおそらく事実なのでしょうね。

というわけで指原莉乃さん自身も去年のVの裏には『中華砲』が9000発打ち込まれたようです(こんな使い方でいいの?笑)

まぁ、資本主義国の中で人が何にお金を使おうが勝手であり、経済を促進するのであれば、それはそれでいいのでしょうけど、

日中関係がピリピリしている中で、AKBを指示する中国の方がこんなにもいるとはなんだか皮肉ですね。

SPONSORED LINK



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です